【買取再販事例】築44年のマンション!相場ギリギリでしたが、240万の利益を確保!

「古いマンションでしたので、ちょっと厳しい状況でした」

築44年のビンテージマンションでしたので、大規模なリノベーションを行いました。和室は洋室へ変更しましたが、基本的な間取りはそのまま活かしています。

リビングの右側の部屋とは可動式の間仕切り壁を採用してL字型のリビングとしても使えるようになっています。

では、さっそく見ていきましょう。リノベーション前の間取りはこんな感じです。

現状の間取りでは、2つの和室がありますので、和室を洋室へ変更します。和室の押入れはクローゼットに変更。

リビング横の間仕切り壁はフルオープン時は広いワンルームに、扉を閉めれば独立した2部屋に間仕切ることができます。扉を閉めた時でもドアパネルから開き戸のように出入りできます。

最終プランがこちら

リビング右側の間仕切り壁は、収納時は収納スペースに収まりますので、全くひとつの部屋として機能する間取りです。

物件データ

築年数44年
延床面積66.99㎡
工事費550万円
物件の相場価格帯2,230万円 〜 2,340万円
買取再販価格2,430万円

※物件データは記事投

「アスベストは費用がかかるからやりたくない」や「そのまま売却できるから自分には関係ない」とお考えの方へ!

ご存知ですか?
実は、売却後にアスベスト費用を請求されるケースが増えてきています!

売却後の紛争を避けるアスベスト対策の方法をお伝えいたします。この手法は売却した不動産にアスベストが使用されていた場合に買主側からのアスベスト費用の損害賠償を防ぐためのノウハウです。不動産売却をお考えの方はぜひお読みください。

>案件の相談から売却までの買取再販の実行スピードが格段に上がる

案件の相談から売却までの買取再販の実行スピードが格段に上がる

仕入の価格交渉が難航していたのが嘘みたいに、かんたんに収支が把握でき買取再販事業に取り組めるのが特徴。

「いくらなら仕入できる?」
「工事予算はどのくらいまで可能?」
「スタート時の販売価格は?」

複数の物件を比較する際にも、すぐに判断できます。
専属の秘書を雇うようなもの。 売主からも買主からも喜ばれる。

今までの買取再販事業が変わります!

CTR IMG