マンションの買取再販をおすすめしたい“人”と買取再販に向いている人は?

様々な事情により、マンションの売却を検討している方に買取再販をおすすめしたいケースがあります。

買取再販という事業は、オーナー様(売主)からみれば、マンションを売却して後の責任はすべて売却先である買取再販業者になるので、全くリスクがない売却方法といえます。

購入者である買取再販業者からみれば、マンションを安く購入できる仕組みで、買取後、リフォーム・リノベーション工事で付加価値を高め、利益を得ることができる事業となります。

お互いにメリットがあれば良いのですが、売却価格をどこで折り合いをつけるかがポイントになります。

オーナー様(売主)側の売りたい事情は?

オーナー様(売主)側の背景や状況は以下のようなケースが多いです。

期間内に早く売却したい

買い替えで新居の購入資金の支払日に期限がある場合や医療費や事業資金など、まとまった資金が急ぎで必要な場合に最適です。期限は決まっているものの、まだ数か月余裕があるという方には、仲介と買取を組み合わせた「買取保証」という売却方法もあります。

相続などで利害関係者がいる

相続などで現金化するために、売却して利害関係者で分配したり、離婚などの財産分割のために、売却を検討されている場合には、買取は向いていると言えます。

あまり、手間をかける時間がない

買取は短期間で売却でき、複数回にわたる内覧の対応も不要です。遠方の不動産を所有しているケースなど、手間なく売りたい人には適しています。

売却をお願いしているが、なかなか売れない

すでに、長期間販売しているのにも関わらず、買い手がつかない場合には、マンション買取をおすすめいたします。特に、半年~1年以上販売活動を行っている場合には、市場では評価されにくい要素があると考えられます。

買取は、売主のメリットは少ないのか?

マンションを売却して現金化することが、最大のメリットと言えます。不動産は動産とは違い、すぐに現金化するのが難しいと言われていますので、短期間で現金化できる買取の価値は高いと思います。

ただ、売り急ぐと価格が低くなってしまいますので、オーナー様(売主)の利益を最大限に優先しているとは、言い難いですね。

慌てると・・・損をしてしまうかもしれません。

買取再販業者(買主)の事情は?

買取再販業者は、ほとんどの場合、「買取再販事業」が専門で、販売は仲介業者に依頼することも・・・

買取再販業者としては、売り物が(物件)ですので、コンスタントに仕入れ(買取)していきたいという考えています。

買取してから、リフォーム・リノベーション工事をして、販売に至るまで3カ月程度は必要になります。

4月の年度が変わる時期に転勤などが重なりますので、1~3月には完成した物件を商品として広告するのがベースですので、年内までに工事完了を希望されるパターンが多くなります。

逆算すると、9月~10月に買取する流れが理想的ですが、最近ではコロナ禍の影響で転勤などが減少していますが、基本的な流れはあると思います。

もし、買取再販御者のように自分でも買取再販をしてみたいとお考えの方は下記をお読みください。